top of page

【インタビュー】語学対応モデル/コンパニオン・牛島ちえさん



■トライフルで仕事を始めたきっかけは?


友達の紹介です。もともと英語でのコンパニオン業務をメインでやっていたんですが、「高レベルの英語案件があるよ」「語学系に強いコンパニオン事務所だよ」と聞いて、登録させていただきました。



■トライフルで普段入っている仕事は何ですか?


基本的に、英語対応のイベントコンパニオンです。



■仕事を始める前に不安はありましたか?


やっぱりありました。コンパニオンとしては2〜3年の経験がありましたが、ホームページなどを拝見して「語学のレベルが高いな」という感じがあったので、自分のレベルで大丈夫かなという不安はありました。


■仕事する上で、嬉しいことや楽しいことはありますか?


一番嬉しいのは指名をいただいたときですね。今もいくつかのお仕事で「働きっぷりがいい」ということで指名をいただいています。嬉しいです。



■現場に入ってみて、大変だったことってありますか?


一番難しかったのは、ネイティブの方が全てオーガナイズして、そのなかに日本人が入るというお仕事です。仕事の仕方が日本企業と違う部分もあって、例えば日本ではシフトが組まれている場合がありますが、外国の方がオーガナイズする場では当日のスケジュールも現場の動きも流動的なので、休憩のとり方や臨機応変に対応することが多くて調整が大変でした。



■一緒に仕事に入ったトライフルのキャストやクライアントとの交流はありますか?


あります。クライアント様からは指名という形で次も入る予定のところがあります。キャストさんでは、トライフルを紹介してくれた友達や現場で仲良くなった人と、食事に行ったりすることがあります。



■他の現場からのスタッフや他の会社からのスタッフと仲良くなったりしますか?


仲良くなりますね。コンパニオンという同じ立場で働いていると、すぐ仲良くなりやすいです。



■今までに、こういったイベントの仕事を他社で勤務したことはありますか?


2年ほど、別の事務所などに登録して働いた経験があります。日本語でのコンパニオン、英語でのコンパニオン、MC、ナレーター、エキストラとしての出演、再現VTRへの出演などです。


また、モデル事務所に登録して、スタートインモデルやフィッティングモデルといって発売前の服装を自分で着てレビューするという活動もしています。



■これからトライフルで仕事をして、実現させたいことってありますか?


すごく大きな夢なんですけど、通訳案件を受けたいと思っています。ただ、自分の力不足を分かってるので、これに関しては年数をかけて取り組みたいと思っています。トライフルはレベルが高い案件が多いので、これからブラッシュアップして、少しでも通訳といえるような働きをしたいと思っています。



■実際トライフルで仕事をして、自分が変わったことってありますか?


トライフルさんのお仕事は海外に関わる方と働く機会が多いので、そういったところで価値観の変化はあったかもしれません。例えば、以前は「正社員じゃなきゃだめだ」という考えを持っていたのですが、体調を崩して会社を辞めて、今こういった仕事をしていて。「あ、今のままの自分でいていいんだ」と思うようになりました。これからはフリーランスで働く時代でもあり、海外と交流をもって働いている方も多いので、自分ももっと頑張らなきゃという気持ちになります。



■これからトライフルで一緒に仕事をする仲間へ、一言お願いします。


不安なこともあると思いますが、実際に働いてみると自分の好きなタイミングでお仕事のスケジュールを入れることができますし、レベルが高い語学環境もあり、それを支えてくださる方々、マネージャーさんやスタッフさんがたくさんいらっしゃいますので、楽しく働ける現場だと思います。ぜひ、みなさんと働けるのをお待ちしています!


 

インタビュー動画はこちら




Comments


bottom of page